肥満外来でスリムボディ|徐々に痩身ますます健康

病棟

脳血管の生まれつきの病気

医者

脳血管の奇形による症状

脳動静脈奇形とは脳血管の奇形であり、脳の内部の他には脳の表面、硬膜などにも起こる病気です。詳しくは奇形な動脈と静脈が塊となりそこに血液が流れ込み、通過し一気に流れ出ます。動脈、静脈の塊は破れてしまうとクモ膜下出血や脳内出血を引き起こしてしまいます。またてんかん発作の引き金ともなります。脳動静脈奇形は年齢とともに肥大化していくのは明らかなのですが、発症の原因は現在明確にはされていません。脳動静脈奇形の症状として最も多いのが脳内出血です。脳の出血した場所により片側のマヒ、言語障害、視力や視野への障害などが現れます。次に多い症状が、てんかん発作とされています。てんかん発作とは上半身、下半身の片側に起こる痙攣のことです。また、その焦点的な痙攣は全身に広がることもあります。

脳血管の奇形の治療法

脳動静脈奇形の検査は一般的に頭部CT、頭部のMRIで診断が可能です。専門医より外科手術を選択された場合には、脳血管撮影という検査で血液の入り口である流入動脈と、血液の出口である静脈の正確な位置を把握しなければいけません。てんかん発作が現れる患者には脳波検査を行います。脳動静脈奇形の治療として、脳出血やクモ膜下出血の症状が現れた場合は、入院し安静を保ちます。てんかん発作が出た患者には抗てんかん薬が投与され、状態が落ち着くのを待つのが基本です。症状が安定したら外科手術で、脳動静脈奇形を全摘出します。しかし患者の年齢や脳動静脈奇形の発生場所や大きさなどにより、外科手術が困難と判断されることもあります。その場合にはガンマナイフを用いた放射線治療や、血管内手術のカテーテル治療などが選択されます。