肥満外来でスリムボディ|徐々に痩身ますます健康

病棟

最新の癌治療

花

最新の癌治療方法

NK療法とは、リンパ球に含まれている癌細胞を破壊する能力を持つナチュラルキラー細胞という物質を使って癌を治す治療法です。他の治療方法と違い様々な癌に有効的な作用をもたらし、結果癌細胞を弱らせます。この治療法の主体でもあるNK細胞が活性すればするほど、多種多様の癌細胞に有効的な効果をもたらします。もちろんNK細胞が活性しなければ癌細胞を破壊する能力を発揮せず、治療をすることでできません。またNK細胞は培養することも可能ですが、攻撃性が非常に高いので培養中に同じ細胞同士で破壊し合ってしまうので、培養は非常に難しいです。なので治療はどれだけNK細胞を活性化させるかに繋がっています。ちなみにNK療法で使用するNK細胞は誰からでも採取可能です。

NK細胞の採取方法

NK療法で使用するNK細胞は、患者さん自身からの血液から採取をします。まず患者さんから8リットルほどの血液を取り体外で循環させます。循環させて血液内からリンパ球を取り出し、京都にある培養センターに運ばれます。ここでNK細胞が培養され、患者さんの体内に戻すことにより癌細胞だけ破壊するNK細胞が効果を発揮します。またNK細胞はもう一つのCTLという癌を破壊する能力を持つ細胞を活性化させ、より効果を高めることができます。この2つの細胞が癌細胞を破壊する治療法、NK療法が発案され癌治療業界は一層発展しました。癌治療にはNK療法以外の治療方法もありますが、一番の効果を示し、どの癌治療にも対応できるNK療法は癌治療界にも一目置かれている状態です。